菌が少なすぎる状態が子供にどう影響するのか

菌が少なすぎる状態が子供にどう影響するのか

家庭に子供や赤ちゃんが居る場合はいつも以上に殺菌・除菌に注意を払う方が多いです。

もちろん大切な事の1つですが、あまりにも過剰な殺菌や除菌はどうなのかと疑問を持つ時があります。やり過ぎてしまった場合は子供にどのような影響があるのか、調べてみました。

近年の除菌ブームをあって便利なアイテムが増え、さらには携帯用のアルコールスプレーやジェルなども売っています。
しかしやり過ぎると病気やアレルギーにかかりやすくなってしまう恐れがあります。その結果、免疫力や抵抗力が落ちてしまい子供もしっかりと丈夫に育たなくなってしまうのです。

菌と触れ合う事が無くなってしまう事で、ちょっとした菌に負けてしまうのはもちろん、喘息や風邪、インフルエンザにまでもかかってしまう可能性があるのです。汚い空間は問題外ですが、菌のない綺麗すぎる空間は時に病気を呼んでしまいます。

菌自体は悪いものだけでなく、肌に受ける刺激から守る常在菌という良い菌もあります。
これが皮膚にあることでアレルギーや刺激を防いでくれます。万が一悪い菌が口から身体に入ってしまっても、この常在菌が繁殖や活性化を防いで深刻な状態にならずにしてくれるのです。ですが、過度に除菌や殺菌を繰り返してしまうことで守ってくれている常在菌まで殺してしまうのです。

小さい頃から繰り返し行ってしまうと、免疫力が人より育たなくなってしまいます。そうならない為にもある程度の菌に触れ、自己免疫力を高められる環境で子育てをする事が重要になります。

もし子供が清潔すぎる環境に慣れてしまうと、幼稚園や保育園、小学校などの集団生活を始めた際に他の子よりも病気にかかりやすくなります。
その前に公園や外である程度の菌と触れ合っていく事で防げます。そもそも昭和の時代では泥だらけで帰ってくる事も、今より衛生環境が悪いことも当たり前でした。それでも病気にかからず元気な子供も多かったです。

必要なのは手洗い・うがいの徹底だけで、その他は過度に心配しなくて良いのです。これは大人も同じで、菌に触れ合う機会が少なくなると大人も病気にかかりやすくなります。

よく健康番組や通販番組でキッチンには菌が沢山住んでいるなんて紹介していたりもします。ですが全てが病原菌なのではなく、意外にも有害菌は少ないのです。

もちろん既にアレルギーを持っている子供は十分気を付けなければなりませんが、キッチンも徹底して清潔を保つことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*