どうしたら伝わるのか〜理容師11年目の苦悩

わたしは理容師をしています。

専門学校を卒業後入店したお店で働き、11年目になります。私の勤めているお店はどちらかとゆうと県内でも有名な、大きいお店です。

理容の大会などにも出場しており、全国大会出場もしておりますので、名前を知って頂いてる事も多く、県外からの就職希望もとても多いです。

そして今年4月に入店してきた新人さん。わたしと年の差11歳。今まで色々な後輩をみてきましたが、今年の新人さんはなかなか大変です。「はい」と言って、何もしない。あいさつができない。失敗を認めず、他の人のせいにする。「ごめんなさい」が言えない。人とコミュニケーションが取れない。お客様との会話ができない。と、あげたらきりがないのですが、技術もですが、基本が何もできないのです。

お客様に注意をされても謝れない。それをスタッフにフォローして貰ってもお礼を言えない。ですが本人は、心の中では思っているそうで、それを言葉にして出せないのだそうです。そのようなことを言われても、お客様には関係ないのです…

不快な想いをさせてしまっているのに謝れない。お客様からしてみれば「何なんだ?」だと思います。

もしかしたら技術もあるのかもしれませんが、一言も話さない、笑顔がないとゆうことで、お客さまとの会話もなく、いつしか、「あの子にはしてほしくない」とゆうお客さままで出てきました。色々なお客さまとの会話のなかで、今の子は〜とゆうのをよく聞きます。もちろん、その世代、皆がそうとは限りません。私の世代でも、もっと年上の方からすれば、まだまだなところもたくさんあると思います。

ですが、あいさつは基本。以前「なぜあんなに注意をしているのにあいさつができないのか?」とたずねたところ、「特に理由はありません」とのこと…。「不快な想いをさせて謝れないのはなぜだ?」と聞いたところ「心では思っています」と。

このようなことを毎日毎日繰り返し、毎日毎日指導していても入店して8ヶ月。未だにできないのです。こういった子たちにはどうやったら伝わるのか、どうやったらしてくれるのか、毎日毎日悩み、考え、答えが出ず、苦戦しています。

いつか自分に後輩ができた時に果たして指導ができるのか。今から不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*