毎日の何気ない生活〜家族

毎日の何気ない生活〜家族

毎日の何気ない生活。

朝起きて家族で朝食をとり、仕事に行き、あっという間に一日が過ぎ帰宅。

子どもや夫とたわいもない話をしたり夕食をとったり後片付けをしたりする。ゆっくり風呂に入りテレビを見たりして布団に入る。そんな毎日を多くの方が送っているのではないでしょうか。

何か大きな出来事があるわけでもなく、大きな買い物をするでもなく、海外へどんと旅行するわけでもない日々ですが,毎日がとても幸せで充実しているなと感じています。

よくテレビや雑誌でもそんな何気ない日常の中に幸せがあるんだと言われていますが、本当にその通りだと思います。それに気づかないとか、失ってから初めてわかったというような話もよく聞きます。

しかし自分はいたって普通の生活を送りながらとても幸せを感じています。あれがほしいとかこれが足りないとか不満があるわけでもなく、なんとなく家族と過ごせることにとても満足感を感じているのです。

shiawase

たぶん、大きな困りや足りないものが目の前にないから些細なことでも幸せに感じるのかなと思います。だから、唯一の心配はこの毎日がいつまで続くのかなということです。

自分が仕事でうまくいかなくなったとき、家族が病気やけがで入院した時、親にもしものことがあったときなど今の生活にマイナスの変化が起きないかというのが少し気になっています。

しかし、よく夫に言われるのは「考えても仕方がない」「なるようにしかならない」などです。

確かにその通りで、今の穏やかで幸せな毎日を大事に、かみしめながら送っていき、何かあったらしょうがないかなくらいの気持ちでゆったり構えておくことが大事なのかなとも思います。

逆にプラスの方向への変化も起きるかもしれないわけですから、ちょっとわくわくしながら待ってみるというものいいのかもしれません。「明日は明日の風が吹く」ですね。

そんなことを休日に少し考えることのできる今の自分こそが幸せなのだなと改めて思ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*