エコカーのメリットはアイドリングストップの自動化

エコカーが普及した今でもエコカーではない車も走ってます。

エコカーのメリットはアイドリングストップを自動的にしてくれます。

エコカー以外の車も意識する出来ます。

信号待ちや人待ちの時です。

長めの信号をたまに見かけますが、待ってる間はエンジンが掛けっぱなしになりやすいです。このようなときでも意識すると意外にもアイドリングストップは出来ます。ストップしてたことを忘れそうになりますが、習慣化すると苦ではないです。人待ちなど停車中の時も同じです。

エンジンが掛かってる間は二酸化炭素が出てるので、抑えるためにもエンジンを止めるすることは大切です。小まめなストップは車に良くないと聞いたことがあります。けど、待ち時間が長い時には止めても大丈夫です。学生時代、バス通勤をしてた時の光景です。

バスはバス停で停車するたびにアイドリングストップをしてました。理由は乗り降りに関係してますが、一般車よりも意識して運転手さんは行ってるんだなと感心してました。大分前のことなんですけど、環境を意識して取り組んでるのは凄いです。一般車はここ数年でやっとアイドリングを意識し始めたことなのに凄いです。一般車に限らず、宅急便や郵便車も最近見かけるようになりました。

アイドリングストップをして気付いたのですが、止まってる間はエンジン音がしないので静かです。エンジンが掛かってる時には全然分からなかったのに、止めて改めて気付きました。そういえば車の音に敏感な人って割といるように思います。私自身あの音と揺れはずっと気になってました。その位止まることは良い事なんだなと分かりました。

他にもアイドリングのメリットはありそうです。

エコカーに変えようと思ったときもありますが、使ってる車でもまだまだ出来そうなので今後も意識して運転してみます。私を含めて一人一人が環境の為に出来ることが一つでも増えてくと嬉しいです。

環境汚染が深刻化する中で取り組めることをこれからも増えていけば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*