もはや他人事ではない中国の黄砂問題

もはや他人事ではない中国の黄砂問題

中国では随分前から黄砂が大変な問題となっています。

私は日本海側の地域で海辺の近くに住んでいますが、よく晴れた日はモヤッとした空をよく見かけます。そういう日は車のガラスが黄砂で覆われていることがよくあります。

テレビでも、街が黄色いもやに包まれた情景は時おり日本のニュースでも取り上げられていますが、何時ぞや放映された「黄砂が酷い時はこの前で写真をどうぞ」という観光地の記念撮影用パネルは如何にも中国らしく、ついつい失笑をしてしまいました。

よく考えたら黄砂はPM2.5とは全く別の問題であり、中国自身の問題ではありません。

なので、中国らしいと笑うのも失礼な話なのですが。

しかし近年、いよいよ他人事だと笑っていられない状況が日本でも発生しています。

それは、ズバリ黄砂アレルギーです。

食材や花粉が原因のアレルギーは馴染み深いですが、実は黄砂が原因のアレルギーもあるのです。花粉の飛散が最盛期を迎える春先に黄砂も日本に多く飛散し、多量に吸い込むと痒みや呼吸器の異常、皮膚トラブル等が現れます。一見すると花粉症と似ていますが、その実体は強い喘息や脳梗塞をも引き起こし命を落としかねないとても危険な病気なのです。

その原因と言うのは、もちろん黄砂自体の吸引による臓器の損傷にあります。更に、黄砂は元々タクラマカン砂漠やゴビ砂漠から舞い上がった単なる砂埃なのですが、飛んでくる過程でアンモニウムや硫酸、セシウムやPM2.5などの汚染物質を吸着して運んで来ているのです。日本に飛散する黄砂の量は中国の国土に飛散する量に比べはるかに少ないのですが、長い距離を運ばれたその粒子はずっと小さく、汚染物質を吸い込んでいるという意識が薄いためとても深刻なのです。

黄砂の吸引は、マスクや眼鏡の着用、うがい手洗い、外出を控えたり洗濯物を部屋干しするという花粉と同じような対策で意外と簡単に防ぐ事が出来ます。

花粉症の時期が過ぎても花粉症のような症状が治まらない場合は、一度黄砂アレルギーを疑ってみてはいかがでしょうか。

現在、気象庁で黄砂の飛散予報を発信していますので参考にしましょう。

オゾン水を生成できるオゾン発生器は、そんなアレルギー(黄砂アレルギー?に効果があるのかは不明だが)な人にも試してみる価値はありそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*