街の怪獣たち

新築の家が次々と建っていった時代が過ぎ、今は中古の家のリフォーム、リノベーションが建築業界の大多数の仕事なのだそうです。

今現在も新築の建築を見掛けない訳ではないので、全国各地でニュータウンが開発された時代に成人していた人でなければ、今はあまり新築の家が建っていない、というのも実感は難しいかもしれませんが、街レベルで次々と開発されていた時代があった事を想像すると、確かに現在はあまり新築されていない、となるのも納得出来ます。

建築解体業に携わっている方以外の人にとって、家や土地というのはまさに不動産で、扱いの難しいもの、手軽に管理するという訳にはいかないものというイメージが一般的ではないでしょうか。

自分の体よりも大きいというだけで、普通に考えて扱いは困難です。

経済的に何の心配もない、という人でなければ、場合によっては扱いに困る、手に負えない怪獣のようになってしまうこともあります。

家を所有している人も、引き継ぐかも知れない人も、そしてこれから手に入れようとしている人にとっても、このご時世、家や土地が扱いきれないものになりつつあるということをそこかしこで見受けます。

そろそろ、土地や家もローンや所有という概念を越えて、全く別のシステムに切り替わらなくてはならない時が来ているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*