二ホンシカの獣害と狼の再導入

二ホンシカが近年大繁殖したことによる被害は日本全国のあちこちで報告されているとても厄介な問題です。

その被害は、農作物を食い荒らされるだけではありません。樹木の皮や植物が食われたり、ヌタ(寄生虫を落とすために地面に体をこすりつける行為)よって草原や湿地などが荒らされたりして、森や山など植生が攪乱してしまっています。そのことによって生態系の破壊や土砂崩れなどにつながっています。シカ自体も食べるエサがなくうえている状態です。早く解決してあげなければシカもかわいそうです。

二ホンシカが増えてしまった背景冬が温かくなってしまいシカの死亡率が上がってしまったことや戦後に政府が雌鹿の狩猟禁止しまったことなど様々な要因があげられます。そのなかで、二ホンシカが増えてしまった一番原因には二ホンオオカミの絶滅があると私は考えています。二ホンオオカミは1905年以来発見おらず、絶滅してしまいました。本来あったはずの生体系崩れ、天敵がいなくなってしまったのですから増えてしまって当然ですよね。

シカの対策として一般的に行われているのは、調査をしてシカの個体数や被害の受けている植物、シカの移動ルートなどを調査して、それをもとに捕獲・モニタリングをしています。現在の方法では成果はあまり上がっていないようです。

このことからわかるように、これだけたくさんのシカを人の手だけよって減らしていくのは難しいと考えられます。私が、最も良いと考えている方法はチョウセンオオカミを日本に再導入することだと考えています。遺伝子的な問題を指摘する方もおられますが、今そのようなことを言っている猶予は残っていません。

人間がオオカミを絶滅させてしまったわけですから、元の生態系に近づけて行くことは人間の義務であると考えています。アメリカの国立公園ではオオカミの再導入化が1,988年から開始し、現段階では成功しているのです。アメリカでの成功を参考にしてオオカミ再導入をこない、個体数管理を徹底してくべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*