かもめ食堂

彼氏と「かもめ食堂」のDVDを見る 

近所のレンタルショップで、旧作が2週間借りられるようになったと聞いて、久々に、DVDでも見ようか!という話になりました。

「のんびり、ぼーっとしながら見れる映画がいいね」という話になり、「かもめ食堂」にしました。

かもめ食堂、2度目です。

面白かったです。色合いが綺麗なんですよね。青と白。北欧の食器やら洋服やらの雰囲気がおしゃれで、フィンランドの何気ない日常がよく表現されていて、癒されました。

フィンランドのひとたちの

一見、冷たそう・・・というか不器用そうな、とっつきにくそうな、

素朴な表情がなんともいいですよね。 

仲良くなると、こんな風に笑顔になるんだなぁーと思いながら見てました。

小林聡美の演技も、凛としていて、飾らない感じがよかったです。フィンランド人から見た日本人ってこんな感じなんだろうなと思って、新鮮でした。

出てくる食べ物がどれも美味しそうで、おにぎりもサーモンもシナモンロールも!

なんだろう。
勝手に、フィンランドを旅行して、旅先で、日本の定食を食べてる気分になりました。

ストーリー性がある映画よりもこんな風に、ゆるーく淡々と日常を描いた映画が好みです。

しかし、「かもめ食堂」見たらまた旅行行きたくなってきた。

彼氏は、「あー!料理作りたくなってきた!おにぎり!」

って言って白米を炊いてました。

感化される部分がそれぞれ違うっていうのも面白いです。

たまには皆さんものんびり系の映画でもいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*