数秘学で盛り上がる

数秘術ブーム中。
面白いです。彼女の結果を聞いてみると「4」だったそう

「4」とは
堅実、まじめ、安定・安心を求める
つねに変化を好む「5」とは相反して、安定してその場に
じっといるような、ホームベースのような雰囲気。
周りが一緒にいると安心する。
自分にとっての本当のくつろぎ、安心とは?というのが人生のテーマ。
「4」をもっていると、あまり人生の冒険を好まず、堅実に生きる質の人が多い。
コツコツと確実に生産的な仕事をするのが得意で
事務業にも向いているが、安定にしがみつきすぎて
結婚や保険、社会的地位に固執して、身動きがとれなくなることも。
安心が欲しいために、周りを固めすぎて、自分で窮屈になってしまい
本来の自分にとってのくつろぎとは?というところを見失ってしまうという
パターンにも陥りやすい。 

なるほど。。。
「5」とは、大分と質がちがうんですね〜

日本人にはきっと多いですよね。
いい会社に就職して、安定した結婚をして、家を建てて、保険に入り
安心できる土台を作っていく。 
こういうエネルギーが「4」なんでしょうね。悪いことではないですよね。

「4」はその外側面にしがみついてないか?がポイントらしいです。
人は安心できる環境やスペースを好んで、構築して。
それが出来上がると、今度は、それが崩れることを恐れて心配して
今度は、それを守ろうと躍起になる。
外側の部分に固執してしまうと
くつろぐために作り上げた環境なはずなのに、いつのまにか息苦しく窮屈になってしまう。

こういうことらしいです。
なんとも、奥深い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*