今の世代の仕事観

新人の内は一生懸命に仕事をやる!
これに尽きますね。
成果も必要ですが、仕事の過程とかやる気を評価するのが良いと思っています。
ただ、一回り以上も年齢差がある新人と接していると、この考え方は古いじゃないかと感じますねー。

何事にも気合いを入れて一生懸命やるのは、古い考えになって来たのかな。
仕事が終わっていなくても定時に帰って行き、仕事にやりがいがあるか聞いても普通と言われます。

書類の印刷をお願いしたら、印刷方法が分からずに30分も放心状態になっていた新人は衝撃的でしたね。
聞いてくれよ、と言っちゃいました。

誰の言葉だったか忘れましたが、
言って聞かせて、やって見せて、やらせて見せて、褒めてあげなければ人は動かない、と言うのが脳裏に浮かびました。

確か、こんな感じの言葉。
違ってたらすいません。

最近の若い人はとついつい言ってしまいますが、昔から変わらないのかもしれないですね。
単純に自分が老いただけなのかな。

今日は何となくすっきりしない気持ちをそのまま書いちゃいました。
とりあえず、今後は新人に合わせてゆっくりと教育を行いますかね。
自分の価値観を押し付けるのは良くないので、話を聞いて理解することから始めます。
焦ることは無いですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*