菌が少なすぎる状態が子供にどう影響するのか

菌が少なすぎる状態が子供にどう影響するのか

家庭に子供や赤ちゃんが居る場合はいつも以上に殺菌・除菌に注意を払う方が多いです。

もちろん大切な事の1つですが、あまりにも過剰な殺菌や除菌はどうなのかと疑問を持つ時があります。やり過ぎてしまった場合は子供にどのような影響があるのか、調べてみました。

近年の除菌ブームをあって便利なアイテムが増え、さらには携帯用のアルコールスプレーやジェルなども売っています。
しかしやり過ぎると病気やアレルギーにかかりやすくなってしまう恐れがあります。その結果、免疫力や抵抗力が落ちてしまい子供もしっかりと丈夫に育たなくなってしまうのです。

菌と触れ合う事が無くなってしまう事で、ちょっとした菌に負けてしまうのはもちろん、喘息や風邪、インフルエンザにまでもかかってしまう可能性があるのです。汚い空間は問題外ですが、菌のない綺麗すぎる空間は時に病気を呼んでしまいます。

菌自体は悪いものだけでなく、肌に受ける刺激から守る常在菌という良い菌もあります。
これが皮膚にあることでアレルギーや刺激を防いでくれます。万が一悪い菌が口から身体に入ってしまっても、この常在菌が繁殖や活性化を防いで深刻な状態にならずにしてくれるのです。ですが、過度に除菌や殺菌を繰り返してしまうことで守ってくれている常在菌まで殺してしまうのです。

小さい頃から繰り返し行ってしまうと、免疫力が人より育たなくなってしまいます。そうならない為にもある程度の菌に触れ、自己免疫力を高められる環境で子育てをする事が重要になります。

もし子供が清潔すぎる環境に慣れてしまうと、幼稚園や保育園、小学校などの集団生活を始めた際に他の子よりも病気にかかりやすくなります。
その前に公園や外である程度の菌と触れ合っていく事で防げます。そもそも昭和の時代では泥だらけで帰ってくる事も、今より衛生環境が悪いことも当たり前でした。それでも病気にかからず元気な子供も多かったです。

必要なのは手洗い・うがいの徹底だけで、その他は過度に心配しなくて良いのです。これは大人も同じで、菌に触れ合う機会が少なくなると大人も病気にかかりやすくなります。

よく健康番組や通販番組でキッチンには菌が沢山住んでいるなんて紹介していたりもします。ですが全てが病原菌なのではなく、意外にも有害菌は少ないのです。

もちろん既にアレルギーを持っている子供は十分気を付けなければなりませんが、キッチンも徹底して清潔を保つことはありません。

現状の世の中への不満や似た症状がある人への救済を求めて

現状の世の中への不満や似た症状がある人への救済を求めて

現在私は30代前半ですが仕事を辞めて半年以上になります。元々メンタルが弱く、高校を卒業する時にはパニック障害という精神障害になりました。この病気がとても厄介で、自分が強いストレスを感じると急に息苦しくなったり、強い不安感に襲われたりします。

この病気になってからも何とかフリーターで仕事をしていましたが、仕事先での一部の人からの理解を得られず、色々な事を日々我慢して頑張っていましたが去年耐えられなくなり辞めてしまいました。男女差別を無くそうという言葉はかなり前から聞きますが、男なんだからしっかりしろ、男なんだからちゃんとしろ、という言葉も何度も言われてきました。

誤解を恐れずに言うなら、女性は働いていなくても結婚して家事に専念すれば良いという意見や、男性はしっかりと就職してお金を稼ぐものだ、という常識?も根強く残っているように感じます。最近よく見かけるのが老後にはいくら必要だ!という金額や、年収数百万でも足りない、という意見です。

フリーターの頃から年収数百万でも生きていけないという記事を見る度に、書いてある数字の半分以下しか稼いでいない私はどうすればいいのだろうか・・・と思っていました。更に仕事を辞めてから収入が無くなり、病気も10年以上治っていないのでこれからどうしようかと思う日々です。

まず世間で私のような人に対しての救済処置などが無い事がとても困ります。私の症状は一見すると健康な人と違いが無いので、世間からは甘えるな!と思われる事が一般的です。私自身も自分が健康で他の人が同じ事を言っていたら「この人は何を言っているんだろう?そんな事を言っていたら何も出来ないじゃなにか」と思ってしまいます。

しかし、何も出来ないからこそ困っているのも事実です。ここ数年で精神障害の認識も大分広がってきましたが特に対策などはありません。自分で行動しなければ、と思いつつ行動にうつせない、行動して体調が悪くなったらどうしよう、しかし今のままでは・・・・というループにはまっています。

今後世の中にもう少し病気の認識が広まって、働く環境、理解してもらえる環境が広がれば、私と同じ立場の人でも行動を起こしやすくなると思います。

分かり合いを求めるより居心地の良い慣れの関係を求めてしまう本音。

分かり合いを求めるより居心地の良い慣れの関係を求めてしまう本音。

男性と女性の違い、それは生殖的なものもあれば感情的なものもあると思います。恋愛関係にいるときに「毎日連絡が欲しい」というのはだいたい女性、何かのきっかけでわめくのもだいたい女性。では男性は?というと「毎日じゃなくても次の予定の打ち合わせくらいは」とか、そもそも出掛ける予定なんて流れで決めても良いくらいに思っているというのが大部分の本音です。

いいお店があれば前の彼女と来店していたとしても行くし、わざわざ新しいお店を開拓して出掛けようというモチベーションが続くのはそもそも恋愛初期の盛り上がっている時期くらいで、なぜそこまで恋愛に対して自分の感情を移入できるかが理解できません。

もちろん男性であっても束縛したいし、恋愛依存の人はいるから一概には言えません。ただ、彼女や妻が自分の同様に「男性的なドライな感情の持ち主」であれば、実はそれはそれで寂しいというのが本音です。

記念日の食事や旅行、結婚式等のイベントは基本的に「行きたい!やりたい!」という主導的な人がいるから「ついていく」という体裁であっても成立するわけで、そもそも両方が完全なドライであれば「必要なとき、本当に会いたいと思うときだけ一緒にいたらいい」というようになって、恋人関係も結婚関係も維持できなくなってしまいます。

自分は感情的ではないけれども「必要なことは控えめに引っ張って欲しい」というのがわがままな本音といえるでしょう。ただ、ケンカのような感情のぶつかり合いをせずとも分かって欲しい、できれば人前では自分を立てて欲しい、そんなことをはじめから言ってしまうと女性の気持ちの中では引っ掛かりになってしまい、いつしか引き戻せないような関係の破綻に繋がっていくことがあります。

自分はどうしたいのか、はっきりと発言するのかは難しい。感情をぶつけあって分かり合うよりは、馴れ合いで「何となく分かって欲しい、居心地の良い関係に落ち着きたい」というのが男性的な理想かもしれません。