分かり合いを求めるより居心地の良い慣れの関係を求めてしまう本音。

分かり合いを求めるより居心地の良い慣れの関係を求めてしまう本音。

男性と女性の違い、それは生殖的なものもあれば感情的なものもあると思います。恋愛関係にいるときに「毎日連絡が欲しい」というのはだいたい女性、何かのきっかけでわめくのもだいたい女性。では男性は?というと「毎日じゃなくても次の予定の打ち合わせくらいは」とか、そもそも出掛ける予定なんて流れで決めても良いくらいに思っているというのが大部分の本音です。

いいお店があれば前の彼女と来店していたとしても行くし、わざわざ新しいお店を開拓して出掛けようというモチベーションが続くのはそもそも恋愛初期の盛り上がっている時期くらいで、なぜそこまで恋愛に対して自分の感情を移入できるかが理解できません。

もちろん男性であっても束縛したいし、恋愛依存の人はいるから一概には言えません。ただ、彼女や妻が自分の同様に「男性的なドライな感情の持ち主」であれば、実はそれはそれで寂しいというのが本音です。

記念日の食事や旅行、結婚式等のイベントは基本的に「行きたい!やりたい!」という主導的な人がいるから「ついていく」という体裁であっても成立するわけで、そもそも両方が完全なドライであれば「必要なとき、本当に会いたいと思うときだけ一緒にいたらいい」というようになって、恋人関係も結婚関係も維持できなくなってしまいます。

自分は感情的ではないけれども「必要なことは控えめに引っ張って欲しい」というのがわがままな本音といえるでしょう。ただ、ケンカのような感情のぶつかり合いをせずとも分かって欲しい、できれば人前では自分を立てて欲しい、そんなことをはじめから言ってしまうと女性の気持ちの中では引っ掛かりになってしまい、いつしか引き戻せないような関係の破綻に繋がっていくことがあります。

自分はどうしたいのか、はっきりと発言するのかは難しい。感情をぶつけあって分かり合うよりは、馴れ合いで「何となく分かって欲しい、居心地の良い関係に落ち着きたい」というのが男性的な理想かもしれません。

結婚における価値観について

私は現在子育て中です。2歳の娘がおり、日々育児に奔走しています。育児をしていると、ふと昔友人と話した言葉頭をよぎりました。

女同士が集まると、話題と言えば恋愛系がどうしても多くなります。そんな時に「結婚するなら同じ価値観を持った人の方がいい」という人と「違った価値観の人の方が、色々な視点から物事が見えていい」という意見に分かれました。

私も当時は、旦那さんは違う価値観の人の方が、色々な意見が聞けていいなと思っていました。しかし、子育てをしていると「夫婦の価値観」はとても重要なものだと最近気づきました。

中でも「金銭にまつわる価値観」「育児方針」の価値観は特に重要だと思います。私も主人も、たまたま似たような環境で育ってきたため基本的な価値観は一緒です。なので、その点でもめることはないのですが、たとえばお金の使い方が荒い人と、堅実な人が結婚するとどちらかが片方の考え方に歩み寄らないといけなくなります。

歩み寄れるだけの価値観の違いならいいですが、中には自分と正反対の考え方も持つ人もいるので、結婚前に腹を割って金銭感覚について話し合ったり、相手のお金の使い方を見極めることは大事だと思います。また、育児方針に関しても同じことが言えます。

育児をしていると、その時々で決断を迫られたり、夫婦で話し合って決める事案が多々発生してきます。

例えば、何歳くらいから習い事をさせるかや、私立に行かせるか、公立に行かせるか。子供は何人欲しいか。子供のしつけはどの程度厳しくするかなど、大きなことから小さなことまで、本当にたくさんの決め事をしなくてはいけません。

そんな時、育児方針が全く違う人とうまくやっていけるかどうか。「価値観」というのは、人それぞれ違うと思います。自分の人生において何を重視しているかによっても、その人の歩んできたこれまでの人生によっても全然違います。結婚するうえで、その人の価値観を把握するためにも、しっかり相手を見極めることが大事だと思います。

それが自分や相手、子供の幸せにもつながることになると思います。

初めてのアロマを使ったオイルマッサージを受けました

初めてのアロマを使ったオイルマッサージを受けました

私は、週2回、マッサージを受けていますが、昨日がそのマッサージの日でした。

この話をするととても驚かれるのですが、もう4年ほど、友人が善意で行ってくれています。いまどき、こんな人はいないよと多くの人から言われるのですが、本当にお金は要らないのでその代りに食事を一緒に食べてもらうだけ、せめてしている程度です。

いつもは、整体感覚で行うマッサージなのだけど、昨日は、身体全体をし終えてから、「何を出しているんだろう?」と疑問に思っていると、アロマのオイルマッサージでした。アロマオイルを使って受けるということはこれまで見たことあっても、自分が受けたことがなかったので興味津々でした。

単なるオイルという感覚しか持ち合わせていなかったけれど、実際に受けてみてこんなに心地よいものだとは思いもしませんでした。私が受けたのは、ローズ系のオイルだったのですが、香りがほのかで穏やかな心地にしてくれるので、普段してもらっている普通のマッサージよりもさらに身体が温まるのは確かに感じましたね。しかも、アロマオイルを使ってくれているので、肌に直接触れてすべるようにマッサージをしてもらえるので、とても肌が気持ち良くて癒されるんです。

これまで、アロマオイルなんてそれほど良いものだって思わなかったけれど、体験してみるとなるほどこんなに効果があるのか納得しました。これなら、自分でもアロマオイルを使って腕や脚ならマッサージが出来るようになるかもしれませんね。アロマオイルと一口に言っても、様々な商品があるらしいので、実際に体につけるものですから、安全性の高いものを選びたいなと思っています。キャリアにアロマオイルを入れて希釈するものもあるらしいし、そのまま体につけることができるアロマオイルもあるそうです。

面倒くさがり屋なので、そのまま体につけることができるアロマオイルだったら私でも気軽に始めることができそうかなと思っています。これまでやはり体験したことが無かったので、あまり信じていなかったけれど、アロマオイルの身体への作用ってかなり信憑性があるものだと実感しました。

善意で、こうして色々とマッサージをしてくれる友人には感謝してもしたりないほどです。