初めてのアロマを使ったオイルマッサージを受けました

初めてのアロマを使ったオイルマッサージを受けました

私は、週2回、マッサージを受けていますが、昨日がそのマッサージの日でした。

この話をするととても驚かれるのですが、もう4年ほど、友人が善意で行ってくれています。いまどき、こんな人はいないよと多くの人から言われるのですが、本当にお金は要らないのでその代りに食事を一緒に食べてもらうだけ、せめてしている程度です。

いつもは、整体感覚で行うマッサージなのだけど、昨日は、身体全体をし終えてから、「何を出しているんだろう?」と疑問に思っていると、アロマのオイルマッサージでした。アロマオイルを使って受けるということはこれまで見たことあっても、自分が受けたことがなかったので興味津々でした。

単なるオイルという感覚しか持ち合わせていなかったけれど、実際に受けてみてこんなに心地よいものだとは思いもしませんでした。私が受けたのは、ローズ系のオイルだったのですが、香りがほのかで穏やかな心地にしてくれるので、普段してもらっている普通のマッサージよりもさらに身体が温まるのは確かに感じましたね。しかも、アロマオイルを使ってくれているので、肌に直接触れてすべるようにマッサージをしてもらえるので、とても肌が気持ち良くて癒されるんです。

これまで、アロマオイルなんてそれほど良いものだって思わなかったけれど、体験してみるとなるほどこんなに効果があるのか納得しました。これなら、自分でもアロマオイルを使って腕や脚ならマッサージが出来るようになるかもしれませんね。アロマオイルと一口に言っても、様々な商品があるらしいので、実際に体につけるものですから、安全性の高いものを選びたいなと思っています。キャリアにアロマオイルを入れて希釈するものもあるらしいし、そのまま体につけることができるアロマオイルもあるそうです。

面倒くさがり屋なので、そのまま体につけることができるアロマオイルだったら私でも気軽に始めることができそうかなと思っています。これまでやはり体験したことが無かったので、あまり信じていなかったけれど、アロマオイルの身体への作用ってかなり信憑性があるものだと実感しました。

善意で、こうして色々とマッサージをしてくれる友人には感謝してもしたりないほどです。

どうしたら伝わるのか〜理容師11年目の苦悩

わたしは理容師をしています。

専門学校を卒業後入店したお店で働き、11年目になります。私の勤めているお店はどちらかとゆうと県内でも有名な、大きいお店です。

理容の大会などにも出場しており、全国大会出場もしておりますので、名前を知って頂いてる事も多く、県外からの就職希望もとても多いです。

そして今年4月に入店してきた新人さん。わたしと年の差11歳。今まで色々な後輩をみてきましたが、今年の新人さんはなかなか大変です。「はい」と言って、何もしない。あいさつができない。失敗を認めず、他の人のせいにする。「ごめんなさい」が言えない。人とコミュニケーションが取れない。お客様との会話ができない。と、あげたらきりがないのですが、技術もですが、基本が何もできないのです。

お客様に注意をされても謝れない。それをスタッフにフォローして貰ってもお礼を言えない。ですが本人は、心の中では思っているそうで、それを言葉にして出せないのだそうです。そのようなことを言われても、お客様には関係ないのです…

不快な想いをさせてしまっているのに謝れない。お客様からしてみれば「何なんだ?」だと思います。

もしかしたら技術もあるのかもしれませんが、一言も話さない、笑顔がないとゆうことで、お客さまとの会話もなく、いつしか、「あの子にはしてほしくない」とゆうお客さままで出てきました。色々なお客さまとの会話のなかで、今の子は〜とゆうのをよく聞きます。もちろん、その世代、皆がそうとは限りません。私の世代でも、もっと年上の方からすれば、まだまだなところもたくさんあると思います。

ですが、あいさつは基本。以前「なぜあんなに注意をしているのにあいさつができないのか?」とたずねたところ、「特に理由はありません」とのこと…。「不快な想いをさせて謝れないのはなぜだ?」と聞いたところ「心では思っています」と。

このようなことを毎日毎日繰り返し、毎日毎日指導していても入店して8ヶ月。未だにできないのです。こういった子たちにはどうやったら伝わるのか、どうやったらしてくれるのか、毎日毎日悩み、考え、答えが出ず、苦戦しています。

いつか自分に後輩ができた時に果たして指導ができるのか。今から不安です。

ボーナス時期がカギ!我が家はこうやって「貯める」

ボーナス時期がカギ!我が家はこうやって「貯める」

夢のマイホームを建てて、現在、2人の子どもを育てているママです。

目下の目標は「いかに効率よく貯金をするか」。そのためにママも少しずつがんばっています。子供のための教育資金はもちろん、自動車の買い替えがあったり、マイホームを建てたので固定資産税もあり、家の修理費だってかかります。

そして、私が貯金できる絶好のタイミングとして狙うは「ボーナス時期」です。懇意にしている信用金庫と銀行では、ボーナス時期の年2回、特別金利の定期預金プランがあります。この金利が、マイナス金利の現在であってもかなりいいことに気づきました。

家計のやりくり

家計のやりくり

そのボーナス時期の金利を狙って預けています。信用金庫では1年モノと3年モノがありますが、1年モノにして。いつもの金利よりも格段に利率がアップしているのがわかります。信用金庫の担当さんからは、子供がいるのなら毎月の積立をしませんかと勧誘がありますが、それはお断り。そのかわり年に2回にかなりの額をしっかり預けるようにしています。担当さんもよく理解しているようで、最近は毎月の積立の勧誘がなくなりました。

しかも、預ける時には各銀行、各信用金庫をじっくり比較検討。とは言っても預けている銀行と信用金庫だけですけどね。過去には一番の利率を探してネット銀行にも預けていましたが労力が大変なので、それはなくなりました。

いつも、クレジットカードのポイントを貯めたり、一番安いと思われるスーパーでお買い物をしたりとコツコツ型の私。ちょっとずつ貯めた分をしっかりとボーナス時期に預ける。これ、大事です。貯金タイミングがわからないというのなら、貯金用の口座を作って利率のいい時期に預けるのがカギと考えています。信用金庫の口座は、引き出さない口座とルール決めをしているので、毎年目に見えて貯まっているのがわかります。

あとちょっとで中古の自動車を買えるくらいにはなったかな。新車購入をしたいので、あと少しがんばります。